« 鯛ラバに理想的なハンドル | トップページ | 2018・8月下旬の釣果 »

2018年8月23日 (木)

ビンビンスティックEXTRO part.2

以前にご紹介させていただきました
明石海峡でオススメの
鯛ラバ専用ロッド

ビンビンスティックEXTRO
BSXS- C68M

すでに多くの方に手にして頂いています。
これから長く活躍してくれそうですね。



以前の
紹介記事

流れの厳しい明石海峡を攻略する
安心のタックルセッティングとして、

このBSXS-68Mと、
カスタムハンドルCRANK120

があると、まさに鬼に金棒です。



カスタムハンドルのご紹介はこちら

これから上達を目指す方ほど、
これらのタックルから入られる事をオススメします。

では、更に深く楽しまれたい方々へ、
他のモデルについてもご紹介をさせていただきたいと思います。




ビンビンスティックEXTROのオススメ

その2
BSXS- C511SUL

30mより浅い所(シャローエリア)を流す時に楽しい
しなやかなロッドです。
サバやツバスなどの暴れ回る魚が来ても、
しっかりと抑え込んでくれるパワフルさがあるので、
XSULよりもSULを推します。

シャローのあのエリアを楽しむ為に…。
イメージが湧く方には、笑

迷わずオススメします👍

30g45g60gを使うシチュエーションに是非。

岡山、香川、広島、愛媛
瀬戸内海のエリアに遊びに行かれる方には、
中心の一本になるでしょう。


その3
BSXS- S66ML-TJ



キャスティング鯛ラバや、
マイクロジグのキャスティング
(鯛ジギング、マイクロジギング、スーパーライトジギング)に最適です。

これもシャローエリア
10m台、20m台を攻めるのに最適です。

土曜の午後便には必須w

鯛ラバだけでなく、
タングステンのマイクロジグにも対応するので
他のエリアでも使いやすいロッドですね。

フルソリッドの強さが、ルアー投げる時(アンダーハンドキャスト)に手元にしっかり伝わってきます。

安心感あるね!
と、使うと実感できる竿です。

ちなみに、スピニングリールに適したカスタムハンドルを挙げるなら…



こんな組み合わせ、ですかね。
たぶん…バランサータイプUNIONの一番長いタイプと、
EP37かEP40ノブの組み合わせ。

カスタムはこちら

さて、利弥丸はというと、
9月からはいよいよ青物やタチウオのジギング本番になる事が予想されます。

鯛ラバはジギングの合間に行うことが
多くなりますが、

土曜日の午後は、
引き続き真鯛狙いの出船を続けたいと思います。

三連休の時には、
日曜日も午後の真鯛出船いたします。

その他、リクエスト出船(最初にご予約いただいた方のリクエスト内容で出船)も行いますので、
ご要望お聞かせください!


ご予約はスケジュール表をご確認いただけましたら幸いです。

8月下旬の予定

9月の予定


友だち追加


ご予約はお電話にて。
090-4282-4828 おおくぼ


としやまるホームページ

|

« 鯛ラバに理想的なハンドル | トップページ | 2018・8月下旬の釣果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯛ラバに理想的なハンドル | トップページ | 2018・8月下旬の釣果 »