« 何を狙うか迷いますね。 | トップページ | 鯛ラバに理想的なハンドル »

2018年8月19日 (日)

鯛ジギングの可能性




タングステンメタルジグで真鯛を狙う
〝鯛ジギング〟

スーパーライトジギング
マイクロジギング
などなど、

いろいろな呼び方が混在しますが、
あえて、
真鯛をメインターゲットとした
"鯛ジギング〟という言葉に注目したいと思います。



と、いうのも最近。

真鯛に対して、
インパクトのある釣果で
応えてくれている釣りだからです。

ここ明石海峡でも、毎週のように。
ロクマル、ナナマルの釣果を耳にします。

ジャッカルのビンビンメタル
大活躍です。




一部の知っている人の間だけで、
楽しまれています…が。

是非、真鯛狙いのゲームとして、
確立されもっと広まってほしいものですね。



今の時期は、
カタクチイワシのベイトパターンや、
剣先イカのパターンなど、
メタルジグのフォールやただ巻きが、
効果的に真鯛を誘ってくれることがあります。

鯛ラバと同じように使っているだけで、
釣れるので
入門に最適なイージーパターンです。

キャスト用の鯛ラバなどと併用して
使ってみてください。



今のうちに、
"鯛ラバと同じような使い方"に、
慣れておいていただけると、
その先のマイクロジグの真のチカラを引き出すことも、
可能になるはずです。





真のチカラとは…。

この釣りの最大のウリは
"フィネス"なところにある。

と、期待しています。

元々はタングステンの鯛ラバ、
ビンビン玉クイックスプリングのパーツを全て剥ぎ取り極限まで繊細にしていった末に
辿りついたのがタングステンのジグだったそうです。

わずかな潮の流れでも、
デッドスローでも揺らめき、
真鯛を誘ってくれるコンパクトな
タングステンのルアー。

そうして生まれたのが、
マイクロジギングの元祖、
マイクロフリップだとか。



フォールの煌めきとトリッキーな動きで、
魚の注目を集め、

巻き上げで食わせる。
あるいは、
フォールでリアクション的に魚にスイッチを入れ、
潮に馴染ませてバイトを得る。

そんな使い方が出来たとき、
鯛ジギングが真価を発揮するのではないでしょうか。



慣れるとアジングをしてるように、
糸をさびいたり、
止めておいてアタリを取れることに気付くと思います。

人によっては、
ひとつテンヤ真鯛の誘いをイメージしていただいても良いかもしれません。

あるいは、イカメタル🦑

さて、ピンと来る表現。
ありましたでしょうか?w

あとは、
コツンと出たアタリを、
瞬時に即掛けてしまいます。

魚に反転される前に。

針が口から吐き出される前に。

即掛けです✌️


それは、丸呑みしたジグ。
最初に口から出るのはフックだからです。
なので、
即座にフッキングを決めてしまってください。

フロントフックの位置?
サイズ?質量?

理由はわかりませんが、
真鯛がルアーを吸い込んだあと、
一呼吸おいてルアー吸い込み直そうとエラが動いたとき、決まってフロントフックが外に出ます。

ポロリと。

なぜそんな事がわかるのか?
それは、観察した事があるからなのですがw

水槽に入った真鯛に海老を与えたり、
鯛ラバを食わせたり、ジグを食わせたり。

そんな観察をした事がありまして…。

鯛がルアーを吸い込み→
針がポロっと出て→
ルアーを吐き出す。

テンションの上がった次の魚が、

ルアーを吸い込む→
針がポロリと出る→
ルアーを吐き出す。

この繰り返しですw


余談ですが、10g程度の錘なら
チャリコもボトムで吸い込んで口の中に入れてしまいます。
まぁ針は即座にポロリと出ますが 笑

なので、一瞬のバイトに集中力を高めて
遊んで下さい👍


どうしてもジギングと名前が付くので、
しゃくったりガンガンアピールしたりするイメージを持ちがちですが、
実は意外と丁寧に探る操作が似合います。

もちろん、両方ありますので、
誘いもその分、幅広く。


さて、これからも引き続き
ゲームの開拓を…。

楽しみましょう👍


友だち追加

ご予約は
090-4282-4828 おおくぼ

出船スケジュール

としやまるホームページ



|

« 何を狙うか迷いますね。 | トップページ | 鯛ラバに理想的なハンドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何を狙うか迷いますね。 | トップページ | 鯛ラバに理想的なハンドル »