« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月30日 (火)

タチパターン到来

秋も深まり、朝晩は肌寒くなってきましたね。



最近はすっかり
乗船時に防水ウェア上下と長靴が欠かせなくなりました。

風が吹き、潮の流れが速いのが
秋特有の現象です。

走行時に水しぶきが激しく襲ってきます。




釣果はと言うと、
簡単ではありません…。

でも、良い魚は釣れています。


ジャッカル亜衣さんの秘密のアレや、

こんなものも


たくさんテストされている秋のシーズンです。



青物に真鯛に太刀魚。

どれも日替わりで、
何かしらのチャンスが訪れます。

入門に優しい季節ではありませんが、
磨いた腕を試すには最高の季節です。

11月も予定が詰まってきていますので、
早めにご予約の
ご検討いただけましたら幸いです。




さて、
ハマチ・メジロ。

青物のジギングは、
ついに太刀魚パターンに突入しました。



200gか250gのロングジグ。
色はシルバー。

ロッドは3oz表記前後の柔らかいものがオススメです。

もちろん…ベイトタックルでお願いします。

糸はPE2号です。




真鯛は鯛ラバ
そして、鯛ジギング。

アタリは鯛ラバの方が多いですが、
ジグで釣る楽しさも捨てがたいところです。

カラーは場所により、ゴールドかレッドが好調。
もちろん、基本はオレンジとエビオレンジです。

カーリーネクタイが釣れていますので、
お忘れなく。

糸はPE0.6〜0.8号でお願いします。
ヘッドは40〜120gまで使います。

ジグの場合は30、40、60gまで。
浅場で使用します。

そして、全域に現れだしたタチウオ。
青物もタチパターンになるはずです。笑



大きな潮回りでも、
突然食いが立ちますので、
油断大敵です。

メタルジグは150g(160g)

タチウオ専用のものをいくつか忍ばせておいてください。

こんなのとか


こんなのを。


こんなのも。



竿は、専用があればベストですが、
鯛ラバ用でもジギング用でも対応可能です。

※ジャッカル社 アンチョビドライバー エクストロ
全機種試釣用ロッドあります。


糸が切られないように、
60〜80lbのリーダーがあると安心ですよ。

では、11月に突入しますが、
引き続き、ハイシーズンの釣りを楽しみましょう🎣

日々の釣果はフェイスブックでもお知らせしていきますので、是非ご覧ください。

↓↓↓
釣果情報はこちらから


↓↓↓
最新の予約状況


↓↓↓
こちらも登録お願いします😉
友だち追加

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

鯛ラバのフックセッティング

先日、ジギングのフックセッティングについて
記事にさせていただきました。

ジギングのフックセッティング記事

今回は鯛ラバのフックについて記事にさせていただきます。

ジギングメインにしながら、
引き続き鯛ラバもする事が多い今年の秋。

いろいろなフックを試して、
自分なりの正解を探すのもゲームの楽しみです。

身も蓋も無いと思われるかもしれませんが、
基本的には沢山試していただくのが
良い事だと思います。👍

ただ、

自信ないし、安心して使えるフックを知りたい…
と言う方も多いと思います。

そんな方の為に、
良いフックセットがあります。



これ。

ジャッカル
ビンビン玉 送掛け(おくりがけ)
スペアーフック

サイズは#8(一番小さいサイズ)

オーナーばり
ジガーライト真鯛 #8の針に
よつあみシーハンター#8を使用したフックセットです。

各社、ほとんどのヘッドや接続パーツに対応する
小針仕様の針セットです。




ジガーライト真鯛は



太軸で強いのに
フッ素加工で、刺さりも良いこの針は、
小針でも十分な強度がありますので安心です。

#8の小針は、
ビンビン玉 スペアフックセットにしか
採用されていないと思います。

小針仕様は、針を真鯛に噛み砕かれ難く、
かつ
吸い込みが良く、

更に、
仕掛け全体のボリュームを抑えられるので、
良い事が多い仕様です。

3パックくらいは常備しておいてください 笑

自作される方には、
更に小さな



#6のフックと、
細い鯛ラバラインの組み合わせもオススメします。

#6の小さなフックでも、
強度は12lb。

#8とほぼ同じ強さがあります✌️

#8や#6サイズ
この針は、何百匹と釣れた鯛を見ていますが
伸びたり折れたりしたのを見たことがありません。

これは鯛ラバを長くされている方なら
お分かりだと思いますが、
ものすごい事なんです。

魚のサイズによって歯のサイズもバラバラ
大抵何かしらの理由で曲げられることがあるものです。

それだけ完成度の高い針なのだと思います。


他にも最近では、
3本針や4本針の仕様もあり

即掛けスタイルも注目されています。

流れの速い明石海峡では、
即掛けと言うか…
勝手に即掛っているケースが多いので
基本的には、「アワセなくて良い。」
と、皆さんにはお伝えしています。

魚が走ってからアワセても遅いので (^_^;)

ただ、ゲーム性を高める為にも、
注目度の高い提案だと思います。



針を多くされる場合は、
カエシを潰して(バーブレス)おいて
いただけると、
糸絡みやネットから解きやすくて助かります。

それだけで、凄く助かります… 笑


それと、気になりますねぇ



即合わせ専用の針。

小針とは真逆のような存在になりますが、
どんな効果があるものか??

ご存知の方、おられましたら
是非お教えくださいっ

これまでの常識が良い意味で覆されるものかもしれません。

さて、
利弥丸では、皆さんのリクエストにお応えして
鯛ラバ&開拓中の鯛ジギング便
出船を増便させていただいております。

そろそろ、日も短くなり午後便ができる日も限られてきています。

土日の午後の予定
是非、予定表をご確認くださいっ

11月3日と、4日も午後便の募集を追加させていただきました!


日々の釣果はフェイスブックでもお知らせしていきますので、是非ご覧ください。

↓↓↓
釣果情報はこちらから


↓↓↓
最新の予約状況はこちら


↓↓↓
こちらも登録お願いします😉
友だち追加



| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

ジギングのフックセッティング




皆さんこんにちわ。

秋の釣りシーズン‼️
バリバリ出かけていますか⁉️



明石海峡をはじめとする
大阪湾近海も、
青物のルアーフィッシング ジギングや、
鯛ラバ、そしてタチウオ テンヤなどなど
様々な釣りで連日賑わっております。



利弥丸では、
ハマチやメジロ、それにサワラなどターゲットにしたジギングを中心に、
鯛ラバやタチウオジギングを日々の状況に合わせて組み込ませていただいております。


そんな中から今回は…
大切なお話。

ジギングのフックセッティングについて
記事にさせていただきます。

と、言うのも…。

フックセッティング…皆さんお困りではありませんか?

ジグは買って来たけど、
フックを買ってない。笑 とか

あれ?これタチウオ用じゃ…。

で、出鼻からつまずいてしまうケースが本当に多いと思います。

いやいやそんな事は、
自分は無いと思われている方も…。

ソリッドリング 忘れていたり、
スプリットリングが小さかったり
していませんか?

ブリやメジロを狙うのにスナップ使っていませんか?

きちんとしたセッティングで釣りに臨まれている方は、
残念ながら全体の1割〜2割程度かもしれません。

これを機に、再確認してみましょう‼️

先ず最初に結論から。



あるいは



以上w

上の画像は強くてシンプル。
下の画像は交換が容易。

あとは、ジグに対してフックの向きをどうしておきたいかでご判断を。

糸→ソリッドリング→スプリットリング→メタルジグ

or

糸→ソリッドリング→スプリットリング→ソリッドリング付きのフック&メタルジグ

使用するのは
スプリットリング(#6〜7ぐらい)



そして、
ソリッドリング(5.0〜6.0mm径)



この程度のサイズならば
強度は必要十分なので、
あとは作業のし易さと、
ジグに取り付けた時の見た目で決めてください。

流れの激しい明石海峡の海峡筋付近を攻める時には、
シングルフックのフロントのみを推奨しています。



乗合船において、
根掛かりやオマツリが少なく、快適に釣りができるようになるので、大きなアドバンテージになります。

ただ、
全国的にはツインフックが主流でしょう。



もちろんフックについてはそれぞれ好みもあるでしょうし、当然浅場であったり、
根掛かりの少ない平地などでは、
ツインフックを使用されるのも有りだと思います。

その場合もやっぱり、
結束はソリッドリングとスプリットリングのご準備をお忘れ無く。




ツインフックの場合は、

糸→ソリッドリング→スプリットリング→ソリッドリング付きのフック&メタルジグ

と結束してください。

それでは、良い釣りを‼️



日々の釣果はフェイスブックでもお知らせしていきますので、是非ご覧ください。

↓↓↓
釣果情報はこちらから


↓↓↓
最新の予約状況はこちら


↓↓↓
こちらも登録お願いします😉
友だち追加







| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

2018 10月初旬の釣果状況




※この釣果はイメージですw


^_^ ブログでも、フェイスブックでも、
釣果情報の更新をサボっていましたw

と、いうのも、
連続して訪れた台風に振り回されて…。
秋の海は、移り変わり激しい状況です。泣

タチウオは厳しい状況にあり、
メインはハマチ・メジロのジギングです。

ただ、
良く釣れたからと言って、
絶好調!とも言い難く…。



良く釣れる日もあれば、



なかなか厳しい日も。



釣果には正直ムラがありました。


連休の海は大賑わいの大船団でしたので、
大阪湾全体で考えれば、
魚自体は沢山釣られていたのかもしれませんね。





秋の海は流れが強いので、
慣れていないと難しいとも言えます。

釣果には個人差が大きく出ています。


腕試しに、

NICEなメジロを求めて、
是非遊びにいらしてください。


サワラ・ヒラメ・マゴチ・アコウ・ホウボウ。



そして
ハモまで。

バラエティ豊かに釣れていますよ👍


さて、使用するジグの状況は、

というと、

場所により釣り方が変わって来ています。


ざっくりとした傾向ですが
浅場は、イワシやアミエビを捕食していて、
スーパーライトジギングが有利です。

PEは2.0号のまま、
ジグのウェイトを80gや100gまで軽く。
スピニングタックルでキャストするのが有利です。

流れが強い時はタングステンのメタルジグ。
(TGヒデヨシやTGベイト)

緩い時間帯は鉛でO.K.です。

先日はこのジグがよくヒットしていましたよ👍




海峡筋の近辺では、
シルバーのロングジグでもヒットし出しました。



完全なタチウオパターンではないようなので、

250〜300gの重く、
そしてヒラヒラと良く動くジグが結果的に良い仕事をしているようです。

これから本格的なタチウオパターンの開幕に期待が高まります。

海峡筋は、急激な駆け上がりを攻めますので
ベイトタックルで挑んでください👍
根掛かり軽減できます。


引き続き、
日々の釣果はフェイスブックでもお知らせしていきますので、是非ご覧ください。

↓↓↓
釣果情報はこちらから


↓↓↓
最新の予約状況はこちら


↓↓↓
こちらも登録お願いします😉
友だち追加

| | コメント (0)

2018年10月 5日 (金)

タチウオジギング爆釣‼️ 笑 入門に最適な動画

クレイジーオーシャン社の皆さんが、
楽しく紹介してくださるタチウオジギング動画が公開されております。



今期、釣果にムラはあるものの、
青物のジギングの合間に狙いに行く事も多いターゲット。

タチウオジギングがこの日初めてだった
あぜっちさんが、爆釣の活躍をしてくれています。

釣り入門に参考になりますし、
メタルジグ、メタボスイマー(クレイジーオーシャン)の使い方のお手本にもなると思います。



じっくりと観察して、
皆さんも試してみてくださいね。

動画はこちらをクリック



動画で使われているロッド、
オーシャンセンサーLJは、
タチウオジギングのほかに、鯛ラバ・鯛ジギング(スーパーライトジギング)などに対応できる汎用性の高い竿です。



ほんとに何でもできるので、
大阪湾でも一本あれば頼りになりますよ。

そういうロッド探している方多いですよね。

フルソリッド構造なので、
繊細なのに、折れにくいのが心強いです。

製品ページへのリンク

青物用には少し柔らかいですが、
パワーはあるので、
ハマチ・メジロのジギングにも、
使われている方もいましたね。👍

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »