« ジギングのフックセッティング | トップページ | タチパターン到来 »

2018年10月18日 (木)

鯛ラバのフックセッティング

先日、ジギングのフックセッティングについて
記事にさせていただきました。

ジギングのフックセッティング記事

今回は鯛ラバのフックについて記事にさせていただきます。

ジギングメインにしながら、
引き続き鯛ラバもする事が多い今年の秋。

いろいろなフックを試して、
自分なりの正解を探すのもゲームの楽しみです。

身も蓋も無いと思われるかもしれませんが、
基本的には沢山試していただくのが
良い事だと思います。👍

ただ、

自信ないし、安心して使えるフックを知りたい…
と言う方も多いと思います。

そんな方の為に、
良いフックセットがあります。



これ。

ジャッカル
ビンビン玉 送掛け(おくりがけ)
スペアーフック

サイズは#8(一番小さいサイズ)

オーナーばり
ジガーライト真鯛 #8の針に
よつあみシーハンター#8を使用したフックセットです。

各社、ほとんどのヘッドや接続パーツに対応する
小針仕様の針セットです。




ジガーライト真鯛は



太軸で強いのに
フッ素加工で、刺さりも良いこの針は、
小針でも十分な強度がありますので安心です。

#8の小針は、
ビンビン玉 スペアフックセットにしか
採用されていないと思います。

小針仕様は、針を真鯛に噛み砕かれ難く、
かつ
吸い込みが良く、

更に、
仕掛け全体のボリュームを抑えられるので、
良い事が多い仕様です。

3パックくらいは常備しておいてください 笑

自作される方には、
更に小さな



#6のフックと、
細い鯛ラバラインの組み合わせもオススメします。

#6の小さなフックでも、
強度は12lb。

#8とほぼ同じ強さがあります✌️

#8や#6サイズ
この針は、何百匹と釣れた鯛を見ていますが
伸びたり折れたりしたのを見たことがありません。

これは鯛ラバを長くされている方なら
お分かりだと思いますが、
ものすごい事なんです。

魚のサイズによって歯のサイズもバラバラ
大抵何かしらの理由で曲げられることがあるものです。

それだけ完成度の高い針なのだと思います。


他にも最近では、
3本針や4本針の仕様もあり

即掛けスタイルも注目されています。

流れの速い明石海峡では、
即掛けと言うか…
勝手に即掛っているケースが多いので
基本的には、「アワセなくて良い。」
と、皆さんにはお伝えしています。

魚が走ってからアワセても遅いので (^_^;)

ただ、ゲーム性を高める為にも、
注目度の高い提案だと思います。



針を多くされる場合は、
カエシを潰して(バーブレス)おいて
いただけると、
糸絡みやネットから解きやすくて助かります。

それだけで、凄く助かります… 笑


それと、気になりますねぇ



即合わせ専用の針。

小針とは真逆のような存在になりますが、
どんな効果があるものか??

ご存知の方、おられましたら
是非お教えくださいっ

これまでの常識が良い意味で覆されるものかもしれません。

さて、
利弥丸では、皆さんのリクエストにお応えして
鯛ラバ&開拓中の鯛ジギング便
出船を増便させていただいております。

そろそろ、日も短くなり午後便ができる日も限られてきています。

土日の午後の予定
是非、予定表をご確認くださいっ

11月3日と、4日も午後便の募集を追加させていただきました!


日々の釣果はフェイスブックでもお知らせしていきますので、是非ご覧ください。

↓↓↓
釣果情報はこちらから


↓↓↓
最新の予約状況はこちら


↓↓↓
こちらも登録お願いします😉
友だち追加



|

« ジギングのフックセッティング | トップページ | タチパターン到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジギングのフックセッティング | トップページ | タチパターン到来 »